小林麻央さんのブログを読みました バニラエアの騒動を考えました

b0208577_14530324.jpg
先日、人生で初めて夏越の大祓をしていただきました
山形の六椹八幡宮
茅の輪をくぐり、今年後半の家内安全と健康を祈りました
こちらの神社さん
すごく気が柔らかくて涼し気で心が落ち着きました

ここ2,3か月、歳のせいか運気の問題か己の諸行の報いか・・・
なんていうのでしょう
気がざわめいて落ち着かず
もともと耳は悪かったり喘息があったり
身体はあまり丈夫な方ではないけど、
それにしてもメンタルが落ち着かない・・・と思ってた

そんなときは、好きな自然に触れるのがイチバンだと思い
6月は蔵王へよく行ったり、山辺町の長閑な公園に行ったりしました
おかげで<たびねす>の記事が書けて嬉しくもあり...
でも、どんなに好きなことをしてリラックスしようとしても
根本にある得体のしれない不安定さは解消されず。。


そんな中、6月の下旬
わたしが気になった出来事が2つありました
小林麻央さんが亡くなったこと
身体に障がいのある方がバニラエアのタラップを腕で登ったこと

・・・
小林さんのブログ、実は、お亡くなりになってから
初めて読んでみました
わたしは自分の愚かさに泣けてきました

生きるってことは、日々を過ごすってことなんだと

小林さんの日々の言葉を読むたびに
自分の浅ましさ、よこしまな欲望?や希望
そういったものが今のこの自分の身体にどれほどからみつき
得体のしれない不安定さを生み出していたのか
今ある幸せを幸せとも思わず
こうだったらいい、ああだったらいいとばかり思いをめぐらす

わたしはアホです。。ほんと。。

今に足をつけて、心は澄み切ったお坊さんのように
感謝の心を忘れずに一日一日を過ごしていきたいと思いました
小林さん、本当にありがとう☆彡


そして、バニラエアの一件
いろいろな意見があるようです

この一件は、旅行者の立場で考えるか、福祉の観点から考えるかで
だいぶ見方が変わるのかなと思いました
あと、意見が専門的すぎて、難しかったり(大汗)

ただ、わたしが衝撃的だったのは、、
最初流れたニュースでは、バニラエアに非難が集中し、
1日とたたないうちに、今度は利用者の方が「あたりや」と非難されるという・・・
その世論の振れ幅の大きさに
なんともいえない怖さを感じてしまいました。。

そして、わたしなりに考えてみた

小さな子供や高齢者の方、身体に障がいを持つ方などに
優しく使いやすく便利なデザインや設備は
結局のところ、
健常者や大人にとっても優しく使いやすく便利なデザインであり設備なんじゃないかなぁと

往路は元気いっぱいだったけど
奄美大島で大けがして車いすで帰らなきゃなくて
そしたら、購入済みのバニラエアには乗れなかった・・・
ってなるより、
そもそも車いすを使う方用に設備が整っていたから、
普通にお安いチケットで帰れたってなったら、
わたし、次もバニラエアにしよっと♪って思うんじゃないかなぁ。。

障がいのある方のために特別に何かを備えるっていう考え方じゃなくて
なんていうかバリアフリー?グローバルスタンダード?
ん?ちょっと意味が違うのかな

バニラエアがコスト削減を徹底しているLCCであるとか
障がい者差別解消法の理解とか
そういう点からこの問題を考えようとすると、
頭ぐるぐるになって、
とても答えを導き出せそうにありません。。

ただ、旅行が好きな者としては
安くお得に気軽に旅行したい
行きたいところに行きたい
飛行機に乗りたい

福祉の仕事をしてきた者としては
ノーマライゼーションの基本理念に沿って
バリアフリーが発展してほしい

↑で小林さんのブログに感銘をうけて
煩悩を捨て去ろうと心に誓っておきながら、
よくもこんな大きな希望を書けたものだと自分でも思うけど、
どうか、旅行業界や飛行機の業界のみなさま
全ての旅行好きの者のために、
バリアフリーお願いします☆彡



[PR]
by myori | 2017-07-01 16:16 | 日常

エコノミー&カジュアルな旅とまいにち ◆東南アジアや国内をふらふらお散歩◆


by myori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30